とよちんが行く。

Ninja250Rで行く 四国ツーリングと温泉を巡る日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋のマチュピチュ

空中都市っていうのは 大げさかな・・   東平へ 

どんより空に、  東平着いたら 晴れてね。 って お願いして12時出発

         ・ ・ ・ ・写真多いので  どんどん見ていってね


CIMG1279.jpg
東平の 貯鉱庫と選鉱場 


CIMG1220.jpg
曇り空でしたが  駐車場到着


CIMG1222.jpg
どんなもんだ~い!   青空が・・・

CIMG1224.jpg
下へ ・・

CIMG1228.jpg


CIMG1230.jpg


CIMG1234.jpg


CIMG1282.jpg


CIMG1235.jpg


CIMG1229.jpg



CIMG1281.jpg


CIMG1238.jpg
この鉄道で生活用品を 運んだのかな

CIMG1239.jpg
人も6人 乗れます


CIMG1244.jpg



CIMG1245.jpg
てくてく  歩いて


CIMG1246.jpg
変電所跡  

入ってみました
CIMG1249.jpg



CIMG1250.jpg
なんか・・   廃墟化して  怖ぇ~


第三通洞へ   全長 3990M 長いですね    

CIMG1256.jpg
この門扉ちょっと  おされ~ (^ ^)   ・・・標高744M   風穴のようで涼し~   

CIMG1259.jpg
横には  西赤石山への登山道  側を流れる水の涼しいこと・・

CIMG1263.jpg
火薬庫  昨今の雨で 水が溜まり近くへいけません   ここも冷気が凄いです


CIMG1253.jpg
少し 雨が ポツポツ ・・・

あ~あ   帰りは 雨だわ~しかたない

霧が出てきた中   駐車場の上にも 行ってみます

CIMG1265.jpg
小学校跡地に  建て直したようです


CIMG1269.jpg


資料館へ
CIMG1278.jpg



CIMG1271.jpg
病院跡地や  娯楽施設は跡地だけだったので   館内のミニチュアで。  2000人収容の3階建て 凄いね~


CIMG1273.jpg
東平社宅は  千枚田のように ものすごい広さのようです・・  実際はミニチュアより多かったみたい

お風呂は共同ですが、 男女の仕切りが無く  混浴~!   というより  みんなで家族みたいな付き合いですかね

つまようじみたいなのは  洗濯竿です

当時の 生活用品の 一部です   他にもいっぱい・・
CIMG1275.jpg
たぶん・・  カメラ?


CIMG1276.jpg
たぶん・・  何かを測量するのでしょう


CIMG1277.jpg
胴を精製するときにできる  胴なんとか・・? (忘れました)   10万え~ん

この山一体を 人を乗せて走る鉄道の汽車(明治26年)は   松山(明治21年)の坊ちゃん列車と同じです

資料館に入るときに 降りそうな天気が   出る時は 晴れてます  ラッキー!

CIMG1285.jpg
別子ラインの  道の駅 マイントピア前で しつこく もう1枚



東平は  男の人が採鉱し  女の人が選鉱し  子供達は学校

ここでは 下の町と同じ暮らしがありました  人と人の繋がりは濃いかったかも・・

誰かが歌っていた  ヨイトマケの歌を思い出しました


大永山トンネル越えて 走っていると 登山口があり いつも何台か登山者の車があります
そこから 東平方面へ出れるようですね    いつか 探検してみたいです



スポンサーサイト

Comment

おはよう~^^ 

東平に行ったんだ^-^
天気もそこそこだし、多分仕事お休みだから、走りに行ってるかな~って思ってた^-^

私が行ったのは寒い時だったから、あまりの寒さに下まで下りなかった^^;

資料館も入ったんやね。
変電所跡、一人でよく入ったね>。<
何か出てきそうで怖いよ~・・・

全部見て回ると、結構見る所あるんだね~^-^
川も綺麗だし、火薬庫跡は風穴のようで涼しそうだし・・・
私は違った意味で涼しくなれそぅ^^;

梅雨の時期、いざとなったらすぐ帰れる丁度いい距離で、てくてくレポートお疲れ様^-^
歩いた後の、風穴なみの冷たい風、気持ち良かったやろ~^-^

梅雨も明け(るよね?)、いよいよ夏本番だね~^-^
  • posted by さいちゃん 
  • URL 
  • 2010.07/17 06:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

おはよ~ 

雨降り覚悟で走りましたが 大丈夫でした
資料館のおじさんに、『変電所跡 一人でよく入れましたね!』って言われました
実は、このあとから  デジカメに ノイズが入ります。 
四隅も黒いです (なんか、入っちゃったかなぁ)
PCに移すと ノイズにみたいなのは ありませんが・・・

火薬庫の前は マムシがいるようです(歩道以外は歩かないで下さいって看板あちこちに)

写メは  電波が悪くて 送れませんでした  (T T)
東平は もっと見るトコあります   今朝は 足が痛いです  (>_<、)
  • posted by とよちん 
  • URL 
  • 2010.07/17 07:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

よく、歩きましたね。 

行っちゃったのね。禁断の地に一人で。笑。

わたくしも資料館とかは行きましたが発電所跡までは歩かないといけないのでパスしました。

今度涼しくなったら再び探索へ行きます。

白髪の白の開襟シャツ、スラックスに黒のぴかぴかの革靴を履いた紳士に遭いませんでしたか?


  • posted by Shin 
  • URL 
  • 2010.07/17 08:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

Shinさん  歩きましたぁぁぁぁぁ~
帰りにもう一度 下に下りたので あの階段2回往復です(3時間以上見てました)
第三通洞の横 赤石山道を歩くと まだ文化遺産があるようなので  
もう一度紅葉時に チャレンジしたいですね

なんか岩屋寺の歩きを、 思い出しましたよ (><)  
汗だくで・・  でも、 所々涼しいの。

白髪の開襟シャツ・・   う~ん  資料館のおじさんくらいかなぁ
館内説明してくれたンだけど、 とよちんが間髪いれず いろいろ聞くもんで 
話が広がり  丁寧に教えてくれました

そのおじさんは   『私も バイクでココに来ています』 と 
帰りにバイクのエンジンかけると  おじさん 手を振ってくれました
う~ん  他は・・  白髪・・わかりませんです
  • posted by とよちん 
  • URL 
  • 2010.07/17 10:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

それは残念でしたね。 

とても温かみのある紳士だそうです。
お話しても少しも疑うことがありません。

でも、何故そんな恰好で、この渓流に来ているんだろう。

その紳士が去った後で今のは実在の人物だったのだろうかと....。

不思議な現象があったそうです。

以上です。

これが事実か、作り話かは解りませんが、同じような体験をした人がいるようです。

少しは涼しくなりましたか?


  • posted by Shin 
  • URL 
  • 2010.07/17 18:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

きっと、いると思います 

革靴なら 建物内しかないと思いましたが
渓流だったのですか・・・

Shinさん  涼しいというより、  
とよちんは  いつか逢える気がしますよ
例え その紳士が仮の姿だとしても・・・
  
  • posted by とよちん 
  • URL 
  • 2010.07/17 21:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

とよちん

Author:とよちん
愛媛発 四国の山と海
のんびり走って 温泉でまったり

アナログ時計(黒)

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。